papabubure

<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

都会の中の自然

f0209785_23441469.jpg


f0209785_2344599.jpg


どうか空いてますように・・・
4台しかない駐車スペースに望みをかける
やった!!駐車完了し、ふと視界に入ったのは
実に涼しげな藤棚。
都会の中の小さめなその藤棚は、緑をカンバスに
そして良い香りのするパンさんの暖簾にも見える

出勤前の8時50分!
さぁ!急げ〜〜〜
[PR]
by papabubure | 2013-04-28 23:56 | | Comments(0)

f0209785_2330993.jpg



マリオ・ジャコメッリの写真展に向かう途中の景色
写真展はなんとも不思議な、白と黒の世界
そこに記されるのは、まさに生と死

忘れられない夢がある
当時、かなりハードな労働を余儀なくされていた。
強制的にではなく、あえてそうなることで精神的には
安泰を感じていた。
その日は家族で近場に小旅行を計画していた。
前の日からの倦怠感はピークを迎えていた。
心配する母を半ば強制的に送り出し、そのまま寝込んだ。
ただひたすら眠りの底に引きずられたようだ。
おおかたの夢はほとんどが記憶の彼方へと消える。
ただしそのときに見た夢は今でも鮮明に覚えている。
暗いトンネルの中、足下はぬかるんだグレーの泥土
まるで雑巾をまとったような私はそのトンネルの中を
トボトボ歩いている。さすらうと言った方がいいのかもしれない
向かう先にはアーチ型の光りが微かに見える。
暖かくて眩い光りに向かう力が残っていたのだ
たぶん、そのときの私は生に向かっていたのだと思う。
死は隣り合わせだったに違いない・・・
貴重な体験だったと今でもおもう。
[PR]
by papabubure | 2013-04-27 00:09 | 街歩き | Comments(2)

どうなってるわけ?

f0209785_23214636.jpg

ハート型ホワイトチョコにレーズンをトッピング

f0209785_23215128.jpg

私のブログのネーミングの参考になったpapabbleのキャンディー!
甘いものの食べ過ぎと皆さんは思うでしょうが・・・

昨日のこと、あらら、奥歯の被せ物が取れそう!
今日のこと あらら半分取れた!かろうじて付いてる!
夕方のこと、歯医者に予約を取り診察。
治療中のこと、奥歯が折れてますよ!と。
何か固いもの噛みましたか?
身に覚えが無い・噛んだ覚えも無い・化膿もしてなければ。血も出てない・
どうなってるの?簡単に抜けてしまいました。
歯槽膿漏でもないし、痛くも出血もない!
歯医者も首を傾げてました。私もなぜ?とりあえず右上奥は歯無しです。
[PR]
by papabubure | 2013-04-25 12:43 | フイルム | Comments(4)

My way

f0209785_19252690.jpg


わが路を行く!というと実に頼もしいというかあっぱれ。
なかなか思うようにはいかない。
そもそもわが路を見つけることさえ難しい。


f0209785_1943819.jpg


恵比寿で開催されている写真展の帰り道
最寄りの駅に目指す電車が入ってきた。
当然のように下車する人の波。
この時間は高校生も多いのかな・・・
私の横を私の荷物ごとぶつかりながら通過して行く
男性(おじさん)。
次から次へと下車してくる学生を右手で払いのけながら
いや!押しのけながらわが路を突き進む乱暴なおじさん。
そんな急いで何処いくの〜〜
イライラしてもことは変わりませんですよ!!
[PR]
by papabubure | 2013-04-23 19:38 | 景色 | Comments(2)

暖房つけてます

f0209785_030745.jpg


この日は暖かくて素晴らしい青空でした、
一面の菜の花畑で何を?
とても微笑ましくてつい、『クスッ!』としてしまいました。

うってかわり昨日、今日は寒いです。
[PR]
by papabubure | 2013-04-22 00:37 | 景色 | Comments(2)

語らい?

f0209785_22561318.jpg


時間を忘れるほど語り合う、そんな時代があった
睡眠が極力少ないのは今も変わらない

ただしあの頃は、寝る時間さえも惜しみ語り明かした
徐々にそういう時間が煩わしくなるほど忙しくなり
語り合う内容もそれぞれ変わり、
本音で語ることの難しさ、同調せざるをえないやるせなさ

でも多いに語りたい時もあるだろさ〜〜
この人のお話なら聞いてみたい!ってこともたまにある。

最近になって人のお話を聞いてみたくなった。
しばらくそういう機会に恵まれない。人のお話からは学べることは
たくさんあると思う。

青森弘前市 岩木山で『森のイスキア』を主催する佐藤初音さん91歳
 以前何かで読んだことが?たしか
初音さんの握るおにぎり。
自らの大病、身近な人の死を経て辿りついた死生観。
食の大切さを静かなメッセージとして語って下さる。

今月末のスケジュールが合わない!
残念。
[PR]
by papabubure | 2013-04-20 00:03 | 景色 | Comments(6)

どれでも、ひゃくえん。


f0209785_0432652.jpg


これ綿棒です。
容器満杯で、ひゃくえん。
アイラインのにじみを拭ったり
リップラインをなぞったり

空の耳掃除にも使うかな・・

何となくフイルムカメラにクローズアップレンズを
使ってホワ〜ンと撮ってみました。
暇な時、身近にある物体でどういう風に撮れるかな?
なんて空想しながらカメラ抱えています。


f0209785_0563828.jpg


これも、ひゃくえん。
小さな透明アクリルケース。
私はピアスケースにしています。
何か他に用途はないかしらね。
[PR]
by papabubure | 2013-04-16 00:44 | フイルム | Comments(2)

写真集

f0209785_0142170.jpg


f0209785_0141617.jpg

この2枚は、これまた好きな写真家マリオ・ジャコメッリを真似て

写真集を買った
手元にはまだ届いてないけれどね。
Y,Ernest Satow アーネスト サトウ
得も言われぬ美しい写真集である。この紹介文と
日本で生まれアメリカで写真家になったという
その経歴に一気に引き寄せられてしまった。
サイトで確認したモノクロ写真の美しいこと!
早く届かないかな〜〜
[PR]
by papabubure | 2013-04-15 00:17 | お気に入り | Comments(6)

映画を観に

f0209785_2305394.jpg



どうしても観たかった映画を観てきた
観た人の評価と感想がとても食い違う作品だと思う。

愛アムール
以前、海を飛ぶ夢と言う映画も尊厳死というテーマで
あった。それはしかも実話である。

しかし今回の愛アムールは、全ての人が向き合うことになる事実を
突きつけられるであろうというテーマ。
時を刻む・・それは全ての人に平等に与えられるわけである。
ただし、価値観の違いや生活レベルには個人差があってしかるべきだ。

音楽家老夫婦の穏やかな暮らしに突然おそいかかるのは?
否が応でも向き合わなければならない老老介護の生活が始まる。

しかしこの映画はまぎれもない愛する人への辛くも壮大な
愛の物語である。

劇中『水』が病の予兆として
また、水が命の終わりとして

子供帰りしてる妻の口に無理矢理運ぶ水を
吐き出され思わず手が出てしまう夫

愛という形の無いカテゴリー
途方も無く深いです。
[PR]
by papabubure | 2013-04-09 23:01 | 映画 | Comments(2)

現在 過去 未来?

荒れ模様だけど大丈夫なんだろうか・・・

f0209785_2351976.jpg

 2011年の3月に撮影した未完成のスカイツリー
f0209785_23505116.jpg

 完成後のスカイツリー

フイルムとデジタルの違いも如実

今日のような不安定な天候時はスカイツリーは
展望台営業休止ですね。
私的には外観を撮影しただけで満足です。
高所恐怖症だし・・・閉所も今一だし・
[PR]
by papabubure | 2013-04-07 00:08 | 景色 | Comments(4)