papabubure

<   2011年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

才能

f0209785_0155450.jpg


↑写真の煙筒とは無関係なお話し。

今日の情熱大陸は若き日本の建築家を特集していた。
様々な分野に若い才能が花開いているのだ。
う~ん、なんというか・・キラリひかる人というのは
言葉は少ないが、ここぞと言うときの裏づけされた
自信と確証そしてアピール力!(語学力は必須!)

そして競い合う才能のせめぎ合いを
欲しているのだろう
この方曰く、スカイツリーは日本の一大プロジェクトなのに
日本中の才能ある建築家によるセッションが行われずに
着工、完成する事が残念だと・・・


ぅ~~ん、刺激を受けるなぁ・・・
ぜんぜん遅いけど。
[PR]
by papabubure | 2011-10-31 00:33 | Comments(4)

秋空

f0209785_1950261.jpg


秋は雲のバリエーションが多彩です。

『のんちゃん雲に乗る』はかなり前の児童文学本です。
昔読んだときよりも、今のほうが胸に響く言葉が随所に出て来ます。

ゆうこちゃんは親戚の女の子
ハキハキして、物怖じせず元気一杯のクリクリ目が
印象的なお嬢さん。
お兄ちゃんはタケシ君
『のんちゃん雲に・・』の中に出てくるのんちゃんの
お兄ちゃんも同じタケシ君

優等生タイプで、大人から”良い子”と見られる子供が陥りやすい
繊細なのんちゃんの心が手に取るようにわかるのです。
つい、親戚のゆう子ちゃんをのんちゃんに重ねてしまいました。
[PR]
by papabubure | 2011-10-29 22:30 | | Comments(2)

巴里風な街角

f0209785_712699.jpg


f0209785_7123292.jpg



この写真は表参道の裏通り


30年前にお勉強をかねてほんの数日、滞在したロンドンとパリ。
パリなんて素通りしただけ?
私は絶対にルーブル美術館に行きたかった
のだけれど、叶わず。
そして絶対に牡蠣(冬だったから)を食したかった
んだけれどそれも叶わず。

今度は回りに惑わされずに行きたいところに
行く一人旅をしたい。
そしてパリのパサージュめぐりを絶対
したい!!
[PR]
by papabubure | 2011-10-29 07:12 | 散歩 | Comments(0)

水族館?

f0209785_6572735.jpg


ん?
水槽に叔父さんが!
たまたま見つけた工事現場。
このウインドウには水が流れっぱなし・・・
こんな住宅街では素敵な演出も目立たないだろうになぁ・・
現場監督さん?点検してました。

その様は外から見ると水槽内の人間
まるで水族館の一つの部屋のようでした
『泳ぐ伯父さん』決してガラスはつつかないでください!
なんちやっt(笑)
[PR]
by papabubure | 2011-10-28 07:03 | | Comments(0)

あの日に帰りたい

f0209785_0195449.jpg


天衣無縫・・そんな時もきっとあった筈?
[PR]
by papabubure | 2011-10-26 00:24 | Comments(0)

オール電化の時代

f0209785_2384521.jpg


そこのけそこのけ!電線様のお通りだ!

綺麗な花と明るい壁のポップなマンション
無数の電線があっちから、こっちから・・

ただし写真としてはこの方が面白いのかも
しれません。

ヨーロッパでは電線が地中って聞いたことが?
定かではありませんが、確かにロンドンもパリも
電線は見当たらなかったような・・・
これ私の勝手な解釈なので違ったら
スミマセン!!
[PR]
by papabubure | 2011-10-23 23:14 | 綺麗なもの | Comments(4)

寒暖差

f0209785_1124921.jpg


12月からはまた節電要請が出ているようですね?
写真のストーブは『アラジン』と言う名前の電気の要らない
石油ストーブ。原宿のショップで。
インテリア的にも人気があるし、現在は転倒した際に
消火対策も講じられてるらしい。

私はと言うとすでに電気バリバリ使う、オイルヒーターを点けています。
ただし明日は27度くらいの予想が出ているのに
今夜の冷え込みは?

寒暖差が激しいなぁ・・・
[PR]
by papabubure | 2011-10-23 01:19 | Comments(2)

ドアの向こう

f0209785_034493.jpg


一枚のドアの向こうにある別世界
ドアそのものは寡黙だけれど、その向こうには
饒舌な物語が存在しているのかもしれない。

2週続けて映画を観た。
今日はポルトガル映画を。
ドアが象徴的だった。タイトルになっている
『黄色い家の記憶』の黄色い家とは
巷(ポルトガル)では刑務所の事を言うらしい。
ポルトガル映画は日本での上映は限られている。
反一聖人デウス・・この映画は観た人としか語れないので
ここまでに。

帰宅し、エレベーターのボタンを押した途端、先日まで空き部屋
だった部屋のドアが空いた。偶然にも私の飼っている
同犬種を抱いておられた。
初対面の挨拶と雑談を少し。

今日はドアが気になる一日であった。
[PR]
by papabubure | 2011-10-20 00:54 | Comments(2)

誘い(いざない)

f0209785_22371780.jpg


情報が氾濫している様はまるで3D映画を
見ているかのようだ

目の前まで迫ってくる瞬間・・私たちは有無の
選択をする余裕もない

たたみ掛けてくるような、ある通販サイトの
コマーシャル。

はたまた、キーボードとニラメッコの医者はこちらの
質問に、にべも無く返答する。

自分の意思とは無関係に、目の前に
開かれた美しいドアがあったとしたら・・・

情報に振り回されないようにしましょうネ!
[PR]
by papabubure | 2011-10-18 22:58 | Comments(2)

引き出し

f0209785_11289.jpg


あと、幾つあるんだろう・・
私の中の引き出しは?

無限にある興味の対象と
限りある蓄積Box

折り返し地点を超えた今、引き出しに
納められた知識と常識の少なさよ・・・ぅぅぅ

いやいや、あきらめるのはまだ先にしよう
探究心は衰えていないのだから。
[PR]
by papabubure | 2011-10-18 01:08 | Comments(2)